HST株式会社               
  スイッチ検索 会社案内 english      

トップ > スイッチ検索 > 用語の説明と使用上の注意 > 取り付け上、周囲環境について

Google画像
用語説明と使用上のご注意

> 用語の説明
> 機械的な注意事項
> 電気的な注意事項
> 取り付け上、周囲環境について
取り付け上、周囲環境について
 
● はんだ付け作業  
  ・ 温度設定や時間などのはんだ付け条件は、各スイッチにより異なります。各スイッチの仕様書をご確認下さい。
・ はんだ付け作業時に、はんだこてがスイッチのモールド部に触れないようにご配慮下さい。
・ はんだ処理後1 分以内は、はんだ付け部を動かさないで下さい。動作に異常を来す場合があります。
・ フラックスがスイッチ内部に入らないようご注意下さい。接触障害の原因となります。
● スイッチ取り付けについて
  ・ 取り付け穴は必ずスイッチのピッチ公差内で作成して下さい。
・ 取付は各スイッチに合致したネジを用いて仕様書記載の締めつけトルクで行ってください。
・ 接着剤、ロック剤などを使用される場合は、スイッチの可動部に付着させたり内部へ侵入させたりしないで下さい。動作不良、接触障害の原因となります。また、種類によっては有毒ガスを発生し、悪影響を及ぼすものもありますから、充分ご確認のうえ選定して下さい。
・ 取り付けおよび結線後、端子相互間、アース間の絶縁距離が確保されていることをご確認下さい。絶縁距離が不足している場合は、絶縁物を介してお取り付けください。特に金属体に取り付ける場合はご注意下さい。
・ 作動部との位置関係にご配慮下さい。
作動部が自由状態で、アクチュエータに直接力を加えないようにし、押ボタンに対して垂直方向に力が加わるようにお取り付け下さい。
・ 低荷重タイプスイッチに長レバーなどを取り付けた場合は、レバーの自重が押ボタンに加わらない方向にお取り付け下さい。
● 使用環境
  ・ 一般のスイッチは耐水構造となっておりませんので、液体が飛散、噴射するような場所ではスイッチの保護対策を施してご使用下さい。また、水滴がかかるような雰囲気中でご使用の場合は封入形スイッチの使用をご検討下さい。
・ スイッチに振動・衝撃が連続的に加わる場所でのご使用はお避け下さい。磨耗粉の発生にともなう接触障害や、動作不良、寿命低下などの原因となります。また、過大な振動や、衝撃が加わると、接点の誤作動や、破損が発生します。振動・衝撃が加わらない位置や、共振しない方向にお取り付け下さい。
・ 各スイッチに規定された使用温度範囲内でご使用下さい。高温下でのご使用は、特性変動の原因となります。
・ 下記のような条件でのご使用についてはご相談下さい。
1) 硫化水素などの腐食性ガスが存在する場所。
2) ガソリン、シンナーなどの引火性、爆発性ガスが存在する場所。
3) ホコリの多い場所。
4) 操作速度が許容操作速度の範囲を超える場合、または極端に遅い場合。
5) 異極切り換えの場合。
6) 製品のコーティング剤等の薬品を付着させる場合は、別途ご相談ください。

・ 以下の様な環境下で使用されますと、当製品の性能に影響を及ぼすおそれがありますので使用環境に十分にご注意下さい。
1) 部品、ゴム材料、接着剤、合板、機器の梱包材、機器内の駆動部に使用される潤滑剤については、硫化、酸化ガスを発生しないものを採用してください。
2) ゴム、接着剤、シール剤、オイル、グリース、電線等でシリコーンを含有した部品を併用してご使用の場合、低分子シロキサンガスが発生しますとスイッチ接点部に二酸化ケイ素の皮膜を形成し、接触障害を引き起こす場合がありますのでご注意ください。
● 保管環境
  ・ 端子の変色を防止するため、保管する場合は、ポリ袋に入れて保管するなどご配慮下さい。
・ 悪性ガスの発生する場所や、高温、多湿になる場所での保管は避けてください。保管場所によっては、製造後長期間経過したものは、再検査後のご使用をお勧めします。
● 取り扱い上のご注意  
  ・ スイッチ取り扱いの際には落下などの衝撃を与えないよう、充分ご配慮下さい。スイッチの破損、変形などの原因となります。
・ アクチュエータ部などの摺動部に注油しないで下さい。動作不良、接触不良の原因となります。
トップ > スイッチ検索 > 用語の説明と使用上の注意 > 取り付け上、周囲環境について
ヒロセ電機株式会社 Copyright (C) 2009 HIROSE ELECTRIC Co.,Ltd. All rights reserved.